わらびを持つ少女

あかまんまとうげ
写真は『あかまんまとうげ』 岩崎京子・文 いわさきちひろ・絵(童心社)です。
表紙を飾る作品が「わらびを持つ少女」です。ちひろさんの代表作のひとつでもありますが
信濃町では地元を代表する作品とも言われています。
というのは、ちひろさんは黒姫にアトリエを兼ねた別荘をお持ちで現在童話館に移築され
山荘の中を公開していますが、『あかまんまとうげ』はその山荘で作品を描いてます。

黒姫のお年寄りにきくとこの少女は「おらっちの娘だ」(うちの娘だ)という人もいます。
いろいろ話を聞くところによると、周辺は別荘街なので別荘に人が来ると地元の子供たちが
遊びに行ったそうです。というのも別荘に来た人たちから行くとお菓子をもらえたから何です!
(甘い記憶と一緒なので憶えているようです。)
そういった子どもたちの中にきっとただお菓子をもらうのも悪いと思って道すがらわらびでも
とってちひろさんにとどけたのかな?と想像します。

.29 2011
学芸員金太くんの話 comment(0) trackback(0)
 HOME 

プロフィール

黒姫童話館職員

Author:黒姫童話館職員
展示内容、利用案内など詳しい内容は黒姫童話館&童話の森ギャラリーHPまで

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

訪問者数

RSSリンクの表示

QRコード

QR